カートをみる 着物リメイクのご利用案内 ★着物リメイクのお問い合せはコチラ★
RSS
 

タンスの着物でアロハシャツ

かなたつ商店のロゴマーク

着物リメイクアロハシャツのお話

着物アロハシャツを語るにあたって、そのルーツであるアロハシャツの歴史もちょっとお話もしてみようと思います

着物アロハシャツの1820年頃。米国本土からの開拓者たちが着物などのリメイクシャツを持ち込んだのがきっかけと言われています。風通しがよくてゆったりした着心地が農作業に適していたこともあってか、その後、日本や中国から渡った移民たちの間でもシャツは評判に……。

着物アロハシャツが完成する以前は麻や綿を使った無地のものが一般的でしたが、徐々に、移民たちが持ち込んだチャイナドレスや日本の着物などのカラフルな生地をリメイクしたシャツも作られるようになり、1920年頃に現在のようなスタイルが定着しました。

着物アロハシャツ…「アロハシャツ」と呼ばれるようになったのは1936年、ホノルルで洋服店を営んでいたエラリー・チェンが商品登録してからのことだと伝えられています。

第二次大戦後は、ハワイに多くの観光客が訪れるようになり、土産物としてアロハシャツを持ち帰る人が増えるにつれ、ハワイだけでなく世界中で愛される定番ファッション・アイテムになりました。

着物リメイク アロハ


着物アロハシャツに関して、当店では全て昔の着物(古布)を仕入れてきて創っています。素材は絹と綿のものがほとんどで、古布綸子、古布縮緬、古布錦紗ちりめん、古布幟旗、古布大漁旗なんかの古布をよく使います。

古布の絹は肌触りがよく、時代のある着物は染色も新しい着物では出せないなんともいえない味があります。昔の人の職人技を感じますね。

着物アロハシャツの古布生地の時代はバラバラですので限定はできませんが大正〜昭和の初期ぐらいの古布が多いと思います。基本的には柄が細かくて多色のものや大胆な柄が入っている古布生地が多く、女物の古布着物や古布の長襦袢なんかをよくリメイクに使います。

着物アロハシャツに使う古布で重要なのがシミなどの汚れ、素材とその強度です。どうしても昔の着物(古布)ですから汚れはあります。しっかり古布のチェックはするのですが、古布着物を解いたときにわかる汚れなんかもあったりして…。

古布着物の中には見た目に丈夫そうでもちょっと引いてみると裂けちゃう物もあります。本当に古布着物リメイクというのは気を使います…。これだけ古布ファッションが世の中に認知されていても大手アパレルメーカーが参入できないはずですよ。

着物アロハシャツのヴィンテージには「百虎」とか「イーグル&マウント・フジ」とか超プレミアがついたものがありますが、当店で販売している商品は全て同年代か、それ以前の古布で作っています。「百虎」が1950年代と言われているので、その当時の着物生地しか持ち得ない雰囲気をお楽しみ下さい。また、お手持ちの着物でもきっと素敵なアロハシャツができますよ。まずはご相談ください。

着物リメイクアロハシャツ

着物リメイクのお店