カートをみる 着物リメイクのご利用案内 ★着物リメイクのお問い合せはコチラ★
RSS
 

カナタツ商店の流儀

かなたつ商店のロゴマーク

カナタツ商店の流儀

カナタツ商店の流儀とかいうと生意気ですが、【着物リメイクのお店カナタツ商店のこだわり】それは、【古布へのこだわり】

カナタツ商店が仕立て上がり商品を作るときに使う生地を古布といいます。古布とは、昭和初期以前に作られた生地のことを言います。

着物・帯・風呂敷・布団カバー・油単・旗などの布のことで、生地は絣・大島紬・縮緬・更紗・型染・筒描・刺子・裂織・銘仙・絽・モスリン(メリンス)・ニコニコ綿・人絹などなど。

カナタツ商店では古布の使いこなされた後の柔らかい手触り、風合い、面白く素晴らしい柄を活かして、創作服やバッグ、小物、雑貨、アクセサリーを製作しています。

カナタツ商店はプロとして徹底的に古布にこだわっています!!

かなたつ商店

カナタツ商店の古布商品製作の工程をお話しすると、まずはその古布着物を一針一針細心の注意を払ってほどいていきます。着物にしっかり糸がくい込んでいるものもありますし、なかには糸だけ弱くなってる物もあります。古布着物をほどいているとその縫製の多様性に驚かされることもしばしばですよ。

カナタツ商店の自社商品では、その後ほどいた古布着物生地を洗いにかけます。水につけた時点で生地が弱くなる古布や色落ちがひどい古布なんかはその時点で使用しません。高い古布をボツにする気持ち...半泣きです。カナタツ商店の自社商品では、古布着物の縮みもその時にチェックします。洗いにかけると同時にいろいろとチェックして洗います。(お客様からのお預かりした着物でのリメイクにはこの「洗い」の作業は入りません)


カナタツ商店では、その後古布着物生地をアイロンでプレスしていきます。この時に細かい穴や糸が残っていないかなどの見落としていないかをチェックします。この時点でデザインや製作について考えます。

カナタツ商店では、担当者自らが裁断・縫製する以外にも縫製に関しては和裁・洋裁の両方に精通した熟練のスペシャリストにお願いしているので、お客様に喜んで頂けるようにカナタツ商店のアイデアやデザインを入念に打ち合わせして形にして頂きます。

kanatatsu

カナタツ商店の目指す商品...それは、《なんでもない今日がちょっと嬉しく特別な今日になる商品》です♪

カナタツ商店のバッグやアクセサリーや小物を身につける事が、あなたの毎日を少しだけハッピーにしてくれたら私達にはそれに勝る喜びはありません!!

カナタツ商店のスタッフの熱意や想いが伝わる商品、お客様に喜んで頂ける商品を創り販売することは、百貨店の催事に出展する場合でもネットショッピングでも当然の責任だと考えております。

カナタツ商店の着物リメイク作品で、なんでもない一日を少しだけハッピーに変えてみませんか?

着物リメイクのお店



ページトップへ