カートをみる 着物リメイクのご利用案内 ★着物リメイクのお問い合せはコチラ★
RSS
 

『銘仙』...アンティーク着物の一番人気

かなたつ商店のロゴマーク

『銘仙』...アンティーク着物の一番人気

古布銘仙(めいせん)はアンティーク着物ブームが追い風となって近頃人気を集めています。

古布銘仙(めいせん)登場以前、着物の柄というものは、四季折々の草花などを写実的に描かく事が主流でしたが、庶民向けのカジュアルとして愛されてきた古布銘仙(めいせん)には、厳しいルールなどなく、自由に絵柄を創造できたようです。

古布銘仙(めいせん)は洋服柄に近い上、夏以外の3シーズンに着られ、手頃な価格、その上カラフルさ、言いかえれば和の型に洋の美を持つことがアンティーク着物として若い女性に受けている理由の一つだと思います。 

古布銘仙

古布銘仙(めいせん)の素材をよく聞かれるのですが古布銘仙は絹織物です。もともとは農家自家製のいわゆる屑糸が用いられていたそうです。その後織機も手機から動力織機に代わり、銘仙本来の柄であった無地縞から柄の種類も豊富になって、大衆衣料の花形と成長しました。

古布銘仙(めいせん)は1960年代には、ほとんど姿を消すので、私も呉服関係の仕事をしていた時(約10年前)には一度も商った事はありません。今は無い着物ゆえに、そのノスタルジックさに惹かれるのかも知れませんね。

古布銘仙(めいせん)は意外に生地が弱い事が多いので着物リメイクの際は要注意です!古布銘仙豆知識で覚えておかれるといいですよ。

古布 銘仙

着物リメイクのお店